事業用定期借地権を利用した土地活用のメリットとは

土地活用を考える場合には、土地のオーナーにとっては借地権を活用してリスクの少ない資産の運用を行うことがお勧めです。その中でも事業用定期借地権を利用した土地活用の場合には、10年から50年の間で期間を設定できるので、柔軟な土地活用が出来るメリットがあるのです。また地主にとっても大きなメリットがありますが、土地を借りてビジネスを行う企業にとっても、同様に大きなメリットがあるのです。特に事業用定期借地権を活用したプランを数多く提案している不動産業者などでは、個別の案件について面積や立地条件などから最適なプランの策定を行っており、特に出店を希望する企業からも高い評価を受けているのです。


特に土地活用の実績のある不動産会社では、実際に事業用定期借地権を活用した土地活用のノウハウを豊富に持っているために、契約を結ぶときの法律上の手続きや税務上の手続きなど、様々な面で地主と企業のサポートを行うことが出来るのです。特に手持ちの土地を活かして資産運用を行いたいと考える場合には、このような不動産業者に相談をして、個別の案件に最適なプランを提示してもらうのが一番賢い方法だと言えるのです。その理由としては土地オーナーの多くが不動産活用のノウハウを持っていないために、専門知識と経験の豊富な不動産会社のアドバイスが非常に役立つからなのです。そして特にロードサイドに土地を持っている場合には、事業用定期借地権を活用する場合に最も適しており、様々な企業が進出を希望するケースも多いのです。特に交通量の多い幹線道路沿いの土地の場合には、面積に応じてファストフードの店舗であったりドラッグストアやスーパーなど、様々な業態の店舗の出店に適しているのです。


またロードサイドの店舗開発では、実際に店舗を出店するために様々な情報収集を行うことも重要ですが、土地活用の実績のある不動産会社はリサーチ力があるために、最適なプランを提示することが出来るのです。その場合には敷地の周辺の人口分布や道路の交通量、あるいは周辺の商業施設の動向なども総合的に考えながら計画を立てているのです。そしてこのようなロードサイドの出店で成功した企業の中には、大手のアパレルチェーン店もあり、低コストで多店舗展開が可能であるので大きく成長をしているのです。またこのような有力なテナントを確保することで、土地所有者にも安定的に地代収入が入ると言うメリットがあるのです。