新築を建てるまでの土地活用方法

土地を持っていて全く何にも利用していないということはありませんでしょうか。急な相続により手にした土地であったり、急な転勤で購入新築の家を建てようと思って購入した土地であったり、また自分の土地も家もあるけれども介護の関係で引っ越しをしたという人もいるでしょう。使っていない土地にももちろん税金がかかっています。使っていないものに固定資産税を払っているだけではもったいないのです。そこで、土地活用ということをおすすめします。


いつか使うかもしれないという土地なので、売るわけにもいきません。そのような人にも出来る土地活用術があるのです。どの場所に土地があるのかにもよりますが、比較的都心部、人の出入りのある場所であれば駐車場経営ができます。時間貸しや月極めがありますが、場所によって向き不向きがあります。駅の近く、繁華街の近くであれば時間貸しがいいでしょう。マンションなどの近くであれば月極めにしてもいいでしょう。マンションでも都会にはあまり駐車場を完備していない所が多くあります。新築マンション購入する際に、抽選で駐車場を借りれるというところも多いです。そして、都会の一戸建ても駐車場のスペースを取れなかったりします。土地が狭い場所に関しては3階建てにして駐車場を必要な期間だけ借りるという人たちも多くなってきたのです。どうしても、駐車場のスペースが取れないということと老後は車を使わなくなるという人もいるからです。


どのような形態にするかは専門業者と相談すればいいので悩む必要もありません。すべて専門業者に任せればいいので、簡単に土地活用できます。そして駐車場であれば、アパート経営などと違って、準備期間が短くてすみます。急遽転勤先から戻ってきて新築物件を建てたいとなったら、駐車場経営ならば数か月前に申告すれば可能です。期間が短くても可能ということであれば、更地にしておいて雑草でいっぱいという状態にもならず、空き地で放置するよりもセキュリティの面も安心です。ほうっておくとゴミが放置されていたということもありますから、何もしないよりも安心です。このような理由から、せっかくある土地を無駄にしていてはもったいないので、新築で何か建てるという人もそうでない人も、もてあましている期間がすこしでもあるならば、一度土地活用を検討してみるといいでしょう。少しでも収入になれば、固定資産税にあてられ、黒字になることも夢ではないのです。