洗車場経営による土地活用

空き地や遊休地の活用方法について、悩みを持つ人は多くいると思います。経済情勢が好調な時代であれば、売却したり借地や賃貸物件としての土地活用も可能ですが、不況と言われる時代には良い結果が望めないものです。しかし遊休地をそのまま放置している事は、収入を得る方法を見逃している事にも繋がります。遊休地の土地活用には様々な方法がありますが、設備投資に掛かる費用や人件費の問題、さらに税金面でも十分な検討をしなければ良い活用方法とはなりません。


一般に初期投資が少なくて済む場合は、得られる収入面も比例して少なくなる傾向があります。このような土地活用では、税金面での優遇措置が適用されないために、さらに収益を悪化させてしまいます。効率の良い土地活用を望む場合は、ある程度の初期投資は覚悟しなければならない事です。土地活用を進めるには、時代のニーズに合ったものを選択する必要があります。現代では車社会が当たり前の世の中となっています。車の所有率も年々増加傾向にあり、車の洗車も手早く簡単に済ませたいと考える人が多くなっています。時代のニーズに合った土地活用としては、洗車場の経営も良い選択です。洗車場は、決められた時間内の料金で利用するシステムが主流です。一般に5分前後の時間内で利用する事になりますので、回転率が非常に高いビジネスでもあります。回転率が高いと言う事は、ビジネスの世界では収益に直結する事柄ですので、その素性の良さは確実性のあるものです。


洗車場の経営ではある程度の初期投資は覚悟しなければいけません。しかし店舗を持つビジネスと比較すれば、格段に小額な投資費用で始める事ができます。洗車場の基本的ビジネススタイルは無人経営で行われるものですので、人件費が掛からない事も魅力の一つです。人手が掛からないという面では、本業として経営しなくても良い訳ですので、副業として行う事も可能なビジネスです。また洗車場の設備には、建築基準法上の建物といわれるものがありませんので、建築制限に触れる事も無く場所を選ばずに展開できるメリットもあります。洗車場で多いのはコイン洗車と呼ばれるシステムですが、最大のメリットは全てが現金収入である点にあります。支払い方法が多様化する中、完全なる現金収入を可能とするビジネスはそれ程多くはありません。ですから、遊休地の土地活用の手段として、洗車場を運営するメリットは非常に大きいものとなるのです。